アーカイブ: 2010年4月

過払い金とブラックリスト

過払い金返還において、ブラックや事故情報がきになりますが、要は「任意整理者、特定調停者」リストのことです。

ブラックや事故情報というネーミングからさも
悪そうなイメージはありますが、
要は「任意整理者、特定調停者」リストです。

特定調停とは借金の残額ろ利息制限法の利率で
再計算した後利息無しで三年程の分割で
支払うという約束になるよう調停委員を間にいれて
話し合いするという困っている人たちのための制度です。


“過払い金とブラックリスト” の詳細は »

クレジットカードでも過払い金って発生するの?

過払い金は消費者金融だけの問題ではありません。クレジットカードでキャッシングを行っているとひょっとしたら、過払い金が・・・

最初に結論から申し上げておきますが、あなたが信販会社の発行するクレジットカードで借入をしているとしたら、過払いの対象になります。

もちろん、利息制限法の範囲内の金利で借りているのであれば、過払金返還の請求をすることはできませんが、すでに5年、10年と返済を続けているとすれば、過去に何パーセントの金利を払っていたかを見直してみる必要があります。


“クレジットカードでも過払い金って発生するの?” の詳細は »

過払い金回収で訴訟になったら・・・

過払い金を取戻す裁判、緊張せずにリラックスに取り組みましょう!

第一回裁判の日になったら、緊張せずに指定された時間に法廷へ出向き、
自分の出欠表に○をして、傍聴席に座り呼ばれるまで待ちます。

法廷は出入りが自由なので、途中退席しても大丈夫ですが
書記官が当事者名と事件番号を呼ぶときには席に座っていてください。
名前と事件名を呼ばれたら原告席に座ります。


“過払い金回収で訴訟になったら・・・” の詳細は »

過払い金を返してもらえない時は?

消費者金融などは慣れているところだと、過払い金について、全く個人相手の交渉に応じないことはなく、ただ時間だけが過ぎていくことも予想されますよ

消費者金融に請求書を出したり、電話をかけたりあなたは
いろいろな過払い金返還の行動に出たとします。

しかし消費者金融は全く過払い金の返還に応じなかったとしたら
どうしたらいいでしょうか?
その場合は裁判を起こすことです。


“過払い金を返してもらえない時は?” の詳細は »

過払い金の回収の話し

380万円もの過払い金が戻ってきたという、まさに地獄から天国へというようなケース

■380万円もの過払い金回収例

以下は、何十年にもわたりサラ金業者からの借金を繰り返してきたAさんの例です。多いときには、借り入れ金の総額は500万円を超えてしまっていたというAさん。この度、専門家の力を借りて調べてもらったところ「過払い金」が発生していたことがわかりました。まだ250万円以上は残っているかと思っていた業者への借金が、実は既に全て返済済みだったいうばかりか、380万円もの過払い金が戻ってきたという、まさに地獄から天国へというようなケースです。


“過払い金の回収の話し” の詳細は »

裁判所の判例と過払い金

業者が開示しない取引については、残高を“ゼロ”とみなし、取引経過に記載されている年月から引き直し計算をして過払い金を割り出しましょう

平成21年6月18日の名古屋高等裁判所判決では、過払い金が発生している可能性があるにも関わらず取引経過の一部を開示しない業者に対し、「被控訴人の借入残高を0円であるとすることの当否」について、下記のような判決が出ています。

「控訴人は、平成3年11月11日に被控訴人が1万6000円の返済をする前の時点での借入残高は、27万1371円であるから、平成3年11月10日の時点での被控訴人の借入残高を0円であるとすることはできないと主張する。


“裁判所の判例と過払い金” の詳細は »