過払金を取り戻すには、実際にどのような手続が必要なのでしょうか?

過去の借入に関して、払いすぎた部分があり、その金銭を取り戻せるとしたら、誰もが取り戻したいと思うでしょう。

しかし、払いすぎた金銭の返還請求など経験した人は少なく、周りにもほとんどいないのではないでしょうか?

そこで、実際に払いすぎた部分を取り戻すにはどうしたらいいのかをご説明します。

まず最初に行う事は、払いすぎた額がいくらになるのかを計算しなくてはなりません。

そのためには、いついくら借り、いつ返済していたかを確認する必要があります。業者から借りたのであれば契約書があるはずですが、手元にない場合も多いです。ATMでの返済明細書も途中が抜けていたり、すでに処分してしまっているケースも多いですが、最初の借入日や返済月日・金額のすべてを洗い出す必要があります。

こういった情報から、利息制限法に違反する利率で計算されていた返済金額を、法律に基づいた返済金額に計算し直すことを「引直し計算」と呼びます。

本来ならば、もちろん払いすぎた分は全額返還されます。

なぜなら、法の改正により、業者は払いすぎた額を全額返還する義務を負っているからです。しかし、貸金業者によってはなかなか素直に応じてもらえない場合もあります。その場合は訴訟を起こして回収することとなります。

いずれにせよ、引直し計算を間違えると大損をしかねませんので、ご自身で請求をする場合は、十分に注意が必要でしょう。

ご自身の借入日や返済期間などが曖昧な場合も含め、まず借入先の業者から自己の「取引履歴(取引経過・取引明細書)」を入手しましょう。

この書類には、過去の借入日・借入額・返済日・返済額などが一覧となって記載されています。(なかには利息も載っています。)電話やホームページからも請求できる場合もありますので、入手しましょう。

その際、郵送で請求する場合には、運転免許証等の身分証明書のコピー等も同封する必要がありますので同封してください。その他、貸金業者ごとに対応が異なる場合がありますので、問い合わせていただくのが一番だと思います。

«
»
 

トラックバック URL