過払金が返還されるまでの流れについて

過払金を業者に請求する場合、必要になるのが取引履歴といわれるものです。この資料には、自分が業者からどのような取引(借入と返済)をしてきたかが記録されています。そのため、まず始めに行うのが

業者へ取引履歴の開示請求です。
業者によっては専門家から請求すると直ぐに取引履歴を開示するが、個人で請求するとなかなか開示しないこともあったり、わざと見にくい取引履歴を送ってきたりすることもあるそうです。

取引履歴を入手したら、

引き直し計算をします。
専門家に依頼すると費用はかかりますがミスなくスムーズに計算してもらえます。反対に、ご自身で引き直し計算をされる場合は、手間と時間がかかりますし、計算間違いが多くなります。

過払金を計算が終わり過払金額が確定すると、業者へ過払金の請求をします。請求方法は問いませんが、やはり書面が証拠も残っていいのではないでしょうか。

その後、業者と返還金額についての交渉が始まります。
納得いく金額で返還してもらえるのであれば、そこで和解します。通常は、金○○円をいつまでに返還しますといった和解書を取り交わすことが多いでしょう。

もし、話し合いで金額の折り合いがつかない場合は、過払金の返還請求訴訟を提起することも検討しましょう。
このあたりは、司法書士事務所等の専門家に依頼した方がスムーズに進むでしょう。反対にご自身で訴訟を起こされる場合は、訴状の作成方法から勉強する必要が出てきて、多大な時間がかかる場合が多いです。(訴状は、記載しないといけない事項をきちんと記載されていないと、裁判所が受け取ってくれません。)

そして、提起した裁判で勝訴したり、話し合いで和解が決まれば、過払金が返還されます。

和解が決まっても直ぐに払ってくれるわけではなく、中には和解成立から9ヵ月後に返還なんていう会社もあるので、返還時期はきちんと確認する必要があります。

«
»
 

トラックバック URL