過払金は消滅時効により消滅してしまう?

過払金の返還請求とは、消費者金融等の貸金業者と取引をしており、
その取引で利息制限法を超える利率で利息を支払わされた方が、
その払い過ぎた利息の返還を請求することです。

しかし、例えば10年以上前に、完済し、その後その会社と取引をしていない場合は
過払金の返還を受けることができない可能性が高いです。

なぜなら、過払金の返還を請求する権利は、
最終の取引日から10年で時効により消滅するからです。

そのため、過払金の返還請求を行う場合、この時効がいつなのかを確認する必要があるのです。

時効がいつなのかを確認するためには、まず最終の取引日を確認する必要があります。
時効は最終の取引日から10年なので、最終の取引日を確認することで、
その10年後がハッキリするからです。

もし、時効が直前に迫っていた場合、時効を中断、つまり無効にする方法があります。
それは、過払金の返還訴訟などを行うことです。

訴訟を提起することで時効が中断し、訴訟提起のときから10年経過するまでは時効にかからなくなります。

時効は絶対的で、一日でも過ぎると、過払金が1000万円あったとしても一円も戻ってきません。
もしかしたらとお考えの方は、一度調査してみてはいかがでしょうか。

«
 

トラックバック URL